キャンセル規約はお客様の自己管理力が上がる!


今日もご覧いただき、
ありがとうございます!

 

技術修得だけでは終わらせない!
あなたの人生ストーリーで
開業、集客、まで学べる

セラピストアドバイザーの
三ツ間幸江です。

 

今日は、癒しサロンのキャンセル規約

についてお伝えしますね!

 

 

あなたのサロンはキャンセル規約
を作っていますか?

 

もし作っていない場合はお作りになる
ことをオススメします!

 

 

サロンのキャンセル規約

 

 

何故かというと、

あなたのサロンは
デパートなどに入っている
大手のサロンとは違い

キャンセルが出たら次のお客様が
すぐご来店するといったスタイル

ではないですよね。

 

 

個人サロンというのはキャンセルが続くと
それだけで経営大変になってしまいます。

 

クライアント側もキャンセル規約がある
ことで、キャンセルしないよう、

 

自己管理力が上がりますので
相互に良いことがあるのです!

 

 

特にレンタルサロンでセラピスト業
やられている方は、お金を払い、
時間でサロンを借りる訳ですから、

キャンセル規約
しっかり作らないと、

売り上げがマイナスになって
しまいます。

 

 

 

さらに、キャンセルに関しては
他のクライアントにもご迷惑
かかるということを認識しておきましょう!

 

予約を取りたいと思っていたのに、
予約が埋まっていて、取れない。
と言う方もいるのです。

 

 

規約を作ることで、
サロン経営を長く継続できます。

 

宜しければ、私の作ったキャンセル規約を、
ご参考になさって下さいね。

 

コピペして使って頂いても構いません。

 

キャンセル規約

●小さなサロンの為、1日、2名様限定となっております。前日、 当日キャンセルはお控いただくようお願い申し上げます。

 

●当日キャンセルにつきましては、ご予約いただいたコース内容より、前日30%、当日50%のキャンセル料を頂戴しております。

 

●ご予約のご変更、キャンセルは1週間前までにお電話にてご連絡下さい

 

コースのご変更に関しましては準備の関係上、前日までにお願い致します。他のお客様のご迷惑とならぬよう、当日のご変更はお断りさせていただいております。

 

 

このように、いつからキャンセル料がかかるのか、
何%かかるのかをしっかり明記し、
新規にご予約いただいた方には
特にお伝えしておきましょう!

 

 

癒しサロンのキャンセル規約

を作る意味、いかがでしたか?

業務を円滑にする為にも
是非、導入してみて下さいね。